アルバイトとして働いている人の中には、「自分はアルバイトで収入が少ないからお金を借りるなんてできないかも…」と思い込んでいる方もひょっとしたら多いかもしれません。

消費者金融や銀行というとサラリーマンの人が利用するところというイメージがありますから、アルバイトやフリーターの人にとってはややとっつきにくい印象がありますよね。

しかし、結論からいうとアルバイトの方であっても、消費者金融や銀行からお金を借りることは難しいことではありません。

きちんと毎月お給料を受け取っている方であれば毎月の返済も約束通りしていくことができますから、お金を貸す側としても正社員の人とアルバイトの人とで区別をする理由がないためです。

ここではアルバイトで生計を立てている方が消費者金融や銀行でお金を借りる時の注意点について解説させていただきます。

アルバイトでもお金を借りることはできるの?

アルバイトの人であっても、毎月一定額のお給料を得ている人であれば問題なくお金を借りることができます。

ただし、お金を借りるときには在籍確認といって、申告した勤務先であなたが本当に所属しているのか?といった電話確認の手続きがありますので注意しておきましょう。

勤務先の人にお金を借りようとしていることを知られたくないという場合は、「クレジットカードを作りたいんですけど、勤務先の確認が必要みたいです」と事前に伝えておくと良いでしょう。

クレジットカードは誰でも持っていて普通ですから、不自然に感じられてしまったり、無用な心配をかけてしまったりということは避けることができますよ。

アルバイトの人はどこに申し込みするべき?

次に、どこからお金を借りるか?について考えてみましょう。

金融機関からお金を借りたい場合、選択肢としてあげられるのは消費者金融(アコムなど)か銀行カードローン(三菱東京UFJバンクイックなど)かのどちらかです。

利息負担の大きさで選ぶ

まず、お金を借りるところを選ぶときには利息の負担がどのぐらいになるのか?をチェックするようにしましょう。

一般的には、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利は安く設定してもらえますので、少しでも早く借りたお金を完済したいという方は銀行カードローンを利用すると良いでしょう。

即日で借りたい場合は?

お金を今日中に借りたい!という状況の人は、消費者金融を選ぶ方がスピーディに審査をしてもらえることが多いです。

午前中までにネットから申し込みをすればその日のうちに駅前の無人機などを使ってカードや契約書を受け取り、その日のうちにお金を引き出すことが可能になります(指定した銀行口座に振り込みをしてもらうことも可能です)

本人確認書類の提出などもスマホで写真をとり、アプリをつかって送信するだけでOKのところがほとんどですから、非常にスピーディに審査を完了してもらうことができますよ。

ただし、最近では銀行カードローンも審査が早くなっているので、大きな差はなくなってきているということができます。

家族には絶対に知られたくない場合は?

お金を借りたいけれど、一緒に住んでいる家族には絶対に知られたくない…という方も少なくないでしょう。

そういう場合は銀行カードローンを選択するのがおすすめです。

三菱東京UFJ銀行や、三井住友銀行といった銀行のカードローンであれば、もし返済が遅れてしまって自宅に請求書等が届いたときにも、ただちにカードローン(借金)をしているとはわかりません。

逆に、アコムやアイフルといった「いかにも消費者金融」という名前のところから請求書が届いてしまうと、お金を借りているといことがすぐにバレてしまいます。

もちろん、アコム等の場合にも「ACサービスセンター」といったようなわかりにくい名前で請求書を送るなどの配慮はしてくれますが、銀行から書類が届くのと比べると家族にバレてしまう可能性は高いと言えます。

もちろん、返済の遅れさえしなければ消費者金融でも自宅に請求書が届くようなことはありませんから、きちんと約束通り返済さえしていれば消費者金融を選択しても問題ありません。

万が一にもバレたくない、という場合には銀行カードローンを使った方が良い、という形で理解をしておくと良いでしょう。

カードローンを使う時に絶対にやってはいけないこと

消費者金融や銀行カードローンを利用するときに、絶対にやってはいけないことがいくつかあります。

これまでに金融機関からお金を借りたことがないという方は意外と簡単にはまってしまうポイントですので、事前にチェックしておきましょう。

複数の会社に同時に申し込むのはダメ!

まず、「たくさんのところに申し込めば1社ぐらいは審査が通るかな…」と考えて一度に2社も3社も申し込みをしてしまう人がいますが、これは絶対にやってはいけません。

というのも、あなたがどこからお金を借りようとしているのか?という情報は、信用情報機関という金融機関同士の情報ネットワークで共有されているからです。

例えば、消費者金融A社に対して申し込みをした後に、すぐ消費者金融B社に対しても申し込みをしたという場合、「この人はよほどお金にこまっているんだな」ということで審査で不利な扱いをされてしまう可能性があるのです。

借り入れの申し込みをするときには1社ずつ申し込みを行うことは鉄則ですので、必ず守るようにしてくださいね。

返済遅れは絶対ダメ!

カードローンの審査に通ると、提携しているATMなどでお金を借りて引き出すことができるようになります。

借りたお金は当然返さなくてはなりませんので、お金を借りた翌月からは約束した返済期日にお金を入金しなくてはいけません。

もし、この返済が遅れてしまうと、上でも紹介した信用情報機関で「ブラックリスト」として登録されてしまいます(通常は2ヶ月以上遅れた場合にブラックリスト扱いになります)

ブラックリスト登録ってどういうこと?

信用情報機関でブラックリスト扱いされるということは、「この人は過去に約束通りにお金を返さなかったことがある」という情報を共有されてしまうということです。

こうなるとあなたが今後お金を借りたいとき(将来的に住宅ローンを組んだり、自動車ローンを組んだりするとき)にローン審査が高い確率で審査落ちとなってしまうのです。

もちろん、別の会社でカードローンを利用したいときにも審査落ちになってしま可能性が高くなりますので、返済期日には絶対に遅れないように入金をするようにしましょう。

このページの先頭へ