専業主婦の人がお金を借りるという場合、大きく分けて2つのケースがあります。

1つ目は夫にバレても特に問題がないという人の場合で、消費者金融と銀行カードローンのどちらかでお金を借りることが可能になります。

もう1つは絶対に夫にはバレたくないという場合で、このケースでは銀行カードローンだけを選択することができます。

以下、この2つのケースについて注意しておくべき点などを具体的に解説させていただきます。

夫にバレても良い場合の選択肢

夫にバレても問題は無い、夫に相談した上でお金を借りる段取りを進めているという人の場合、消費者金融か銀行カードローンのどちらかを選択して申し込みをしましょう。

消費者金融と銀行カードローンの違いについては後で解説させていただいていますが、結論を先にいうと特に急ぎでないのであれば銀行カードローンを選択する方がより負担を小さくすることができますよ。

詳細については後の「消費者金融と銀行カードローンの違いは?」を参考にして見てください。

夫にはバレたくない場合の選択肢

夫にはバレたくない、夫に内緒でお金を借りようと考えているという方の場合は、銀行カードローンが唯一の選択肢となります。

夫にバレても問題ない場合と比べると消費者金融を選ぶことができないという違いがありますが、その理由としては「消費者金融には総量規制というルールがある」という点があります。

総量規制というのは、「その人の年収の3分の1までの金額しかお金を貸してはいけない」という金融機関側が守るルールのことです。

専業主婦の人の場合、自分自身の名義で稼いでいる収入はないというのが普通ですから、この総量規制のルールがある消費者金融ではお金を借りることはできません。

銀行カードローンなら選択できる理由

銀行カードローンはこの総量規制のルールが適用されず、銀行独自の基準で審査が行われることになります。

専業主婦の方が申し込みをした場合には、「専業主婦として自分が外部から収入を得ていなくても生活できている」という時点である程度の信用力があるとみなされます。

つまり、銀行は専業主婦という社会的身分を信用してお金を貸してくれるというわけです。

夫への確認等はされない

銀行カードローンを利用する場合には、夫の同意書や収入証明は必要ないとされる場合がほとんどです。

ただし、夫にバレない形で審査を進めてもらう場合には、借り入れの限度額は50万円を超えることができない場合がほとんどですので注意して起きましょう。

自分は専業主婦で、夫にはカードローンを利用しようとしていることを知られたくないということ審査の担当者に伝えておけば、銀行側もこちらの事情を察しながら審査手続きを進めてくれます。

銀行からの連絡はすべてあなたの携帯電話などを通して行ってくれますし、返済の延滞等さえしなければ自宅に請求書などが届くことも一切ありません(カードや契約書の受け取りは駅前の無人機などで行うことができます)

消費者金融と銀行カードローンの違いは?

夫にお金を借りようとしていることがバレても問題ないという方の場合、消費者金融または銀行カードローンのどちらかを選択することができます。

ここでは消費者金融と銀行カードローンの違いについて理解しておきましょう。

結論から言うと、銀行カードローンを選択するのがおすすめです。

借り入れ限度額の違い

上でも解説させていただいた通り、消費者金融には総量規制(収入額の3分の1までしかお金を借りられないというルール)がありますから、例えば夫の年収が360万円という場合には借り入れ限度額は120万円ということになります。

銀行カードローンの場合にはこういった規制はありませんから、夫の勤務先や勤続年数などを参考に銀行が「この金額までなら貸しても良い」という金額が借り入れ限度額になります。

一般的には消費者金融で申し込みをしたときよりも、銀行カードローンに申し込んだ時の方が、より大きい金額が借りられることが多いです。

貸付金利は銀行カードローンの方が安い

お金を借りるときに常についてくるのが利息の負担です。

利息の負担が大きいとそれだけ借金完済まで時間がかかってしまいますから、少しでも貸付金利の低い借り入れ方法を選ぶことが大切です。

消費者金融と銀行カードローンを比較すると、銀行カードローンの方が低い金利を設定してもらえる傾向があります。

借り入れをする人の状況によって金利の設定は異なりますが、消費者金融では15%程度、銀行カードローンでは10%程度となることが多いです。

即日で借りたい時にはどこに申し込むべき?

できるだけ早くお金を借りたい、今日中に10万円が必要…と言うような場合には、即日で借りることのできるところに申し込みをしましょう。

消費者金融であれば即日入金に対応しているところがほとんどですが、銀行カードローンの場合には申し込みから入金まで時間がかかるところもあるので注意しておきましょう。

時間がかかってしまうのは、お金を借りる前に銀行の口座開設を行うことが必須になっている銀行カードローンです。

この場合は本人確認や契約書のやりとりなどで2、3日〜1週間程度かかってしまうこともあるのでお急ぎの方は避けるようにしましょう。

口座開設が必要ない銀行カードローンとしては、新生銀行(レイク)や、じぶん銀行カードローン、イオン銀行カードローンが有名です。

このページの先頭へ